ちょっとミーハーな治療家の

宮沢氷魚は父親が原因で芸能界へ!きっかけエピソードを紹介!

 
宮沢氷魚 父親
この記事を書いている人 - WRITER -

「夢は父親と親子共演!」という俳優の宮沢氷魚さん。そんな宮沢氷魚さんが芸能界に入るきっかけが父親の影響だったって知ってました?宮沢氷魚さんの芸能界入りの原因を作った父親・宮沢和史さんとの熱いエピソードをお伝えします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

宮沢氷魚さんの父親はThe Boomのボーカル!

宮沢氷魚さんの父親は、The Boomのボーカルの宮沢和史(みやざわ かずふみ)さんです。

 

<宮沢和史(みやざわ かずふみ)のプロフィール>

■本名:宮沢和史(みやざわ かずふみ)
■愛称::MIYA
■生年月日:1966年1月18日
■年齢:53歳
■身長:171センチ
■出身:山梨県甲府市
■学歴:明治大学経営学部卒業
■職業:ボーカリスト・シンガーソングライター・俳優業

 

―The Boomといえば、24時間テレビなどでお馴染みの曲である「島唄」やNHKみんなの歌で耳馴染みの「風になりたい」が有名ですよね!

 

宮沢氷魚さんの父親でありながら宮沢和史さんは、アーテーィストとして数々の有名ミュージシャンにたくさんの楽曲を提供したり、ラジオパーソナリティやテレビのナレーションをこなしたり、たくさんの書籍を出版したりしています。

 

 

この多くの芸能活動が後の息子である宮沢氷魚さんに「父親」としても「芸能人」としても後に大きな影響を与えています。

スポンサーリンク

宮沢氷魚さんの顔が父親にそっくりな件!

人間のDNAって個人差はありますが、恐ろしいくらいに遺伝しますよね。

 

宮沢氷魚さんも例外なく父親の宮沢和史さんに似ていますね。

 

 

どうです?

 

眉毛は少し、宮沢氷魚さんの方が穏やかな感じですが、目・鼻・口は父親の宮沢和史さんに良く似てますよね~。

スポンサーリンク

宮沢氷魚さんは父親の背中を見て芸能界入りを決めた!

宮沢氷魚 父親

父親は超多忙なアーティスト、母親も芸能人として活動していた宮沢氷魚さんにとって「芸能人」と「芸能界」という仕事はとても嫌なものだったそうです。

 

そりゃそうですよね、皆さんもなんとなくイメージできると思うんですが「両親がいない家」ってメチャクチャ寂しいじゃないですか…。

 

父親と母親どっちもいなければメチャクチャ寂しい。

 

父親、母親どちらか一方でもいなければ寂しいですよね…。

 

そんな家庭環境で幼少期を過ごしていれば、一般的に羨ましがられる「両親が芸能人」という立場にあってもツラいですよ。

 

でも宮沢氷魚さんが中学生から高校生になった辺りで彼の中の今まで嫌だった「芸能人」という仕事に対する見方が変わります。

 

 

宮沢氷魚さんの中で、モノの考え方が子供から成長して父親と母親の背中を見る目が大きく変わったんでしょう。

 

芸能人という仕事は人前に立ち、ファンがいて、そのファンからの応援があって成り立つ仕事です。

 

今まで嫌だった芸能人という仕事が、今度は逆に人から支持されるすごい立派な仕事なんだと宮沢氷魚さんは思ったんですね。

 

 

そして宮沢氷魚さん自身、高校卒業と共に父親と母親が活躍している芸能界へ入ろうと決意します。

 

とはいえ、芸能界に入りたい欲求と海外留学もしたいという欲求もあった彼は、まず今しかできないと考えてアメリカへの留学を優先します。

 

 

第一の夢が叶った宮沢氷魚さんは、次に第二の夢である芸能界入りを改めて決意します。

 

アメリカ留学中に父親の宮沢和史さんと母親の光岡ディオンさんにスカイプで相談し、

 

「厳しい世界だから頑張れよ。舐めたらヤバイよ.。」

 

「謙虚に、礼儀正しく!」

 

―と芸能界の先輩からの厳しくも温かいアドバイスをもらいながら芸能事務所に履歴書を送って面接、現在のレプロ芸能事務に所属することになりました。

 

 

芸能の世界に飛び込み、晴れて芸能人としてメンズノンノの専属モデルになれた宮沢氷魚さん。

 

そこでやはり父親の背中が脳裏にチラついたそうです。

宮沢氷魚 父親

―芸能界で長いこと第一線でやれている父親のようになりたい―

 

芸能人のなって今の自分にできることはなんなのか?

 

そう考えた時にモデルで経験を積んで、ゆくゆくは俳優業、音楽活動をしてみたい…。

 

その上で、アーティストであり俳優でもある父親と共演をしてみたい。

 

 

2020年、モデル業も俳優業も夢だったことは全て実現してきた宮沢氷魚さん。

 

父親との親子も必ず実現するでしょう。

スポンサーリンク

宮沢氷魚は父親が原因で芸能界へ!きっかけエピソードを紹介!のまとめ

幼少期の宮沢氷魚さんの境遇を考えると多少グレてもおかしくないと思うんですが、そこは父親の宮沢和史さんと母親の光岡ディオンさんの離れていても大丈夫な育て方があったんでしょうね。

 

それにしても「父親と共演したい」なんて言われたら宮沢和史さんも嬉しいですよね。

 

父親冥利に尽きるというか…。(笑)

 

なにもかも有言実行を次々にしてきた宮沢氷魚さん。

 

2020年の若手注目俳優にもランクインしてますから益々期待がモテますよね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 整骨院るぽ , 2020 All Rights Reserved.