ちょっとミーハーな治療家の

松竹東映史上初の共同プロジェクト映画の「なぜ?」

 
松竹 東映 史上初 共同プロジェクト
この記事を書いている人 - WRITER -

松竹と東映が史上初の共同特撮映画「大怪獣のあとしまつ」を2020年以降製作することを決定しました。松竹と東映といえば日本の最大映画配給会社ってイメージがあると思うんですがなぜこの時期に松竹・東映の2社が史上初のタッグを組んだのか調べてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松竹・東映史上初の共同プロジェクト映画の「なぜ?」

松竹 東映 史上初 共同プロジェクト

大手映画会社の松竹と東映が2020年になぜ共同で映画を製作することになったのか?

 

 

日本を代表する映画会社といえば、松竹・東映・東宝の3社です。

 

どんな業界でもそうですが、同じ業界であれば生き残るために「各社の色」を出さないといけませんよね。

松竹・東映・東宝の3社の大まかな特色

松竹・東映・東宝の3社にも当然の如く色があって、

 

■松竹

→元々は演劇興行。歌舞伎・新喜劇・文楽・演芸―と日本の伝統的な作品を制作する会社。

<代表作>

・男はつらいよ

・釣りバカ日誌

・大奥

 

■東映

→一般的な認知だとアニメ映画会社。劇場用映画の製作から配給、興行を行っている。他に洋画の買い付けと配給。

<代表作>

・銀河鉄道999

・魔女の宅急便

・仮面ライダー

・ワンピース

 

■東宝

→東宝といえば、ゴジラなどの特撮映画やジブリ系のアニメ映画、また戦争映画を主としてる配給会社。

<代表作>

・ゴジラ

・連合艦隊

・ビルマの竪琴

・ドラえもん

・ジブリ系アニメ

 

 

―メチャクチャ大まかな比較ですが、松竹が「伝統的」なものを扱い、東映は「アニメ」が主で東宝は「多種多様」な映画を製作するって感じですね。

スポンサーリンク

松竹・東映VS東宝!?

松竹 東映 史上初 共同プロジェクト

松竹と東映、東宝の3社の特色を比較してみると、映画の内容が「なんでもあり」の東宝に対して少々特色が色濃い松竹と東映がタッグを組んで「対東宝」の動きを見せたのかなと思います。

 

管理人を含め、お客さんにとっては3社が競合して面白い映画を配給してくれたら嬉しいですよね!

スポンサーリンク

松竹東映史上初の共同プロジェクト映画の「なぜ?」のまとめ

松竹と東映の共同プロジェクト、合併などの話は出ていませんが、映画の配給も採算が取れなくなれば、こういった嫌な話も出てきてしまいそうです。

 

新型ウィルスの影響で、ライブやコンサート、アミューズメントパークも一時休止に追い込まれていっています。

 

人が集まる映画館も例外ではないので、私達としてはなんらかの形で映画配給会社を応援したいですよね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 整骨院るぽ , 2020 All Rights Reserved.